塗装会社ユーコーコミュニティーの裏実態がヤバイ!セクハラ重労働で鬱発症。

テレビでも多数取り上げられ、女性が活躍できる塗装会社と注目を集めていたユーコーコミュニティーブラック会社だったことが判明しました。

テレビでは作業員の女性たちが笑顔で楽しそうに振舞っていただけに、残念でなりません。

人気の集まる塗装会社の実態はどのような会社だったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

神奈川県厚木市の外壁塗装会社「ユーコーコミュニティー」の新入社員だった女性2人がうつ病を発症したのはセクハラや長時間労働が原因だったとして、労働基準監督署が労災認定したことが21日、分かった。代理人の弁護士らが東京都内で記者会見し明らかにした。弁護士らによると、今年1月に平塚労基署、同7月に厚木労基署が認定した。

2人は2017年4月に入社し、11月にうつ病を発症。同僚の前で会長から「みんながおまえを嫌いになる」と叱られたり、上司に体を触られたりした。

同社は「労基署の調査結果内容を確認できていないのでコメントを差し控える」としている。
KYODOより引用

女性特有のデザインを塗装するなどして、注文も殺到していたユーコーコミュニティー。

女性だからこそ描けるデザインを売っていて、女性の働きやすさを重視していたはずの会社。

それなのに、社員の2人が入社した半年後に鬱を発症しました。

一体どのような職務形態だったのでしょうか。

ユーコーコミュニティーとは?

会社概要

ユーコーコミュニティー

住所:〒243-0014 神奈川県厚木市旭町4-1-2 1F

事業内容:外壁・屋根塗装工事
屋根葺き替え工事
雨漏り防水工事
外装内装リフォーム工事

社長:阿部 真紀

従業員:128名(男性73名:女性55名)

平均年齢:31歳

出典:会社HP

スポンサーリンク
TV出演

・林先生の初耳学

・日テレニュース24

・ノゾキミ企業参観        など

私も実際にテレビを見てユーコーコミュニティーを知りました。

塗装の技術も素晴らしいですし、女性ならではの視点や技術を求められていて、従事する女性が輝いている姿が印象的でした。

出典:会社HP

社長:阿部 真紀

出典:会社HP

こちらの女性が社長のようです。

会社のHPで毎日ブログを更新しています。

ブログはこちら

従業員たちと笑顔で写っている写真が目立ちます。

お客様からの感想を紹介している記事もありました。

しかし、従業員からうつ病が出た原因に一つには売り上げノルマもあったようですね。

お客様からの評判が良いだけに、裏の実態が不思議です。

スポンサーリンク

ブラックだった真実

女性が活躍できる職場と注目を集めていた企業ですが、実際はかなり過酷だったようですね。

・4月の入社直後から1日200件の営業訪問

・月300万円の売り上げノルマ

・達成できないと罵倒

・時間外労働が月85時間

・上司に体を触られるセクハラ

・残業代の未払い

こういった日々の環境から、うつ病を発症してしまったのですね。

罵倒やセクハラは許せない行為ですし、誰でも被害にあったら嫌になるのは当たり前です。

出典:会社HP

お客様からの注文も殺到していたようなので、期待に応えるため、残業は多かったのかもしれません。

しかし、営業訪問が1日200件というのは、現実的でない気がします。

入社して間も無くですので、相当努力もしたことでしょう。

それでも結果が出せず罵倒を浴びせられれば、身体にはこたえますね・・・。

素敵な塗装ですよね。

見た人誰もが笑顔になれるような壁です。

女性が働きやすい

と注目されていただけに、悲しい事実です。

もちろん従業員の中には不満なく、楽しく充実した毎日を送っていた人もいるはずです。

しかし一方では苦しむ従業員もいたというのは、残念でなりません。

うつ病になるまでに救う手立てはなかったのでしょうか。

ネットの反応

月300万のノルマはさておき、1日200件の訪問営業って、電話とかメールじゃないの?

ただのチラシを配付するだけなら大変だが、不可能ではないだろうけど、対面セールスで日に200件は、不可能でしょう。

読売新聞より引用

塗装会社だけに、「外面がいい」んだね。

読売新聞より引用

残業は金がちゃんと出るならいいけどな。でもセクハラはダメ!

KYODOより引用

スポンサーリンク

最後に

表向きは良いように見えても、裏では過酷な状況だったようですね。

テレビでも取り上げられ、いよいよこれからという時に、、、

美大生などに人気だったようですが、今後は衰退していくかもしれませんね。

いくら人気があり評判が良かったとしても、働く従業員を大切にできない会社は遅かれ早かれ、真実がばれるでしょう。