韓国インスタ映え観光 昌徳宮「後苑」予約や観覧時間は?チマチョゴリで無料に?

韓国に旅行に行く目的といえば、

食・美容・ショッピング

が多いと思います。

では「観光」となると、どこに行けばいいのでしょう?

以外と観光したことない方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、ソウルからも近い昌徳宮です。

昌徳宮の行き方や見所、予約の仕方をご紹介します!

スポンサーリンク

観光で有名な昌徳宮

昌徳宮(チャンドックン)

韓国人に観光で有名なところを聞くと、一番に出てきた場所です。

「観光もしたいけどどこに行けばいいかわからない」という方にはオススメの場所です。

とても歴史のある建造物で、王の住んでいた場所です。

◆太宗5年(1405年)に建設された朝鮮王朝時代の宮殿

◆1610年から258年間にわたって正宮として使われ、王が居住し政務が行われていた

その中でも秘苑(ピウォン)は美しい庭園で、公開されたのは5年前の様です。

つい最近までは入ることが出来なかったエリアなので、韓国人の間でも観光として有名なんですね。

◆朝鮮第3代王、太宗5年(1405年)昌徳宮の創建時に宮殿の庭園として造られた

◆王や王妃が余暇を楽しんだり、勉強をしたりしていた

◆1592年、文禄・慶長の役で大半の庭亭が焼失しましたが、1623年に改修増築され、今の姿を維持

観覧情報

※毎週月曜日が休館日

※終了の1時間前までに入場

観覧時間

2〜5月 9:00〜18:00
6〜8月 9:00〜18:30
9〜10月 9:00〜18:00
11月〜1月 9:00〜17:30

観覧料金

入場 秘苑
大人(19〜64歳) 3,000ウォン 5,000ウォン
小人(7〜18歳) 1,500ウォン 2,500ウォン
団体:10人以上 20%オフ なし

※チマチョゴリを着ていくと入場料の300円は無料になります

ガイドツアー

建物エリア 秘苑
日本語 11:00 13:30
英語 9:30から2時間おきに4回 10:30、11:30、14:30、

15:30

秘苑はガイドツアーのみしか案内がないので注意です!

自由観覧は出来ません。

日本語のツアーは1日に1回のみなのですが、定員が50名です。

秘苑の事前予約の方法

秘苑の予約はHPから可能です。

私自身もHPから予約しましたが、なかなか苦労したので載せておきます。

予約はこちらから

1、このページの一番下に、「Secret Garden Course Reservation」のボタンがあるのでクリックして進みます。

次に右上の「ログイン」ボタンから、名前などの登録をします。

JOINで、4つの項目にチェックを入れます。

そして登録情報を入れていきます

メールアドレスを入れたら、「Verify」を押します。

すると認証コードが、このアドレスに届くので

下の欄の「Verification NO」に入力します。

パスワードは、マイページで予約情報を提示するので、忘れない様に!

あとは人数を入れ、クレジットカードで時間内に支払えば完了です。

訪問予定の日にちは絶対に間違えないでくださいね!

秘苑の入り口に、カウンターがあるので、予約画面を見せましょう。

ツアー開始時間の20分前にきてねと言われますが、チャンドックンの正門からも20分くらいは歩くので、余裕を持って向かうといいと思います。

スポンサーリンク

秘苑ツアー スタート

韓国人のガイドさんが日本語で案内してくれます。

ツアー時間はだいたい1.5時間ほどです。

坂道などもありかなり歩くので、歩きやすいスニーカーをお勧めします!

ここからスタートしていきます。

昔、この中でどの様に生活していたのかがわかって、面白いツアーです。

入ってすぐ、休憩があり水も買えますが、持参したほうがいいかもしれませんね。

天気がいい日は防止もあると尚いいです。

ガイドざんは手持ちの扇風機を持っていました^^

とても綺麗です。

秋は紅葉が見事な様です。

奥の坂道見えますか、、、?

この長い坂や階段を登っていきます!

ツアーに参加している方の中にはチマチョゴリを着ている方もいました。

でもこの日は暑かったので、私だったら無理だった・・・。

高齢の方もいましたが、1.5時間もアップダウンのある道を兵器で歩いていて驚きました。

ガイドまとめ

・水分補給はしっかりと!

・歩きやすい靴や格好で!

・かなり歩くので体力に自信がない人はきついかも?

・日焼け対策も必要

長い間非公開エリアだっただけに、綺麗です!

韓国の歴史を学びながら観覧するのは楽しいです!

秘苑だけではなくチャンドックン自体も広く、見所満載なのでゆっくり回れます。

韓服を着てる方もいて、写真映えするな〜と思いました^^

交通アクセス

地下鉄

地下鉄3号線の安国(アング)駅からすぐです!

3番出口を出て5分ほどです。

タクシー

帰りは昌徳宮から東大門までタクシーで帰りましたが、750円でした!

安い!

地下鉄で乗り換えが必要な場合は結構めんどくさいので、タクシーが一番便利ですね〜。

仁寺洞が隣エリア

昌徳宮から歩いて5分ほどで仁寺洞エリアがあります。

ここはカップルに人気のデートエリアだったり、カフェも多いので、観光後に一休みするのもいいですね。

私たちはツアーが13:30からで微妙な時間だったので、先に仁寺洞で買い物したりしていました^^

12:30には昌徳宮に入りましたが、見所も多くちょうどいい時間でした!

仁寺洞にはチマチョゴリのレンタル店も多いので、着替えてから向かうのも良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

韓国旅行に行くと、買い物やグルメばかりに行ってしまいますが、たまには韓国の歴史を感じるのもいいかもしれませんね。

昌徳宮は韓国人の間でも有名で、「行ってよかった」という人ばかりなので、価値ある観光スポットです。

ガイドツアーには定員数があるので、念のために予約されるのがお勧めです。