江東区新大橋の交差点でパトカーが追突・ケガは?意識を失う?

14日の午後、江東区の新大橋交差点でパトカーがタクシーに追突する事故がありました。

運転していた警察官は、既に意識を失っていたと見られています。

スポンサーリンク

事故の概要

出典:NNN

見通しの良さそうな道路ですが、いったい何が起こったのでしょうか。

14日午後4時すぎ、江東区で「パトカーとタクシーがぶつかった」と通報があった。警察官が駆けつけたところ信号待ちをしていたタクシーに警察車両が追突していたという。タクシーの運転手にケガはなく、警察車両を運転していた上野警察署の56歳の巡査部長の男性が一時、心肺停止となっていたが、その後、意識が回復したという。

NNNより引用

パトカーは巡回中だったのでしょうか。

追突前から意識を失っていたとのことですが、一体いつから意識のないまま運転していたのでしょう。

誰にでも起こり得る事故ですね。

巡査部長の男性も一時、心肺停止となったようで、本当に怖い事故です。

事故が起きた場所は?

現場の写真に写っていたのは「新大橋」の交差点でした。

おそらくこの辺りかと思われます。

この事故の影響で、警察車両や消防車など合わせて14台ほどが集まったようです。

橋の麓は大渋滞だったようです。

午後4時過ぎはちょうど帰宅する人たちが多くなる時間帯ですね。

かなりの渋滞だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

追突したパトカー運転手

運転をしていたのは、上野警察署の56歳の巡査部長の男性です。

出典:yahoo

もともと何か持病があったのでしょうか。

毎日の勤務で疲労が溜まっていたのでしょうか。

体調がよくなかったのかもしれないですね。

今の所、詳しい情報はわかっていませんが、警視庁が状況を調べているようです。

ネットの声

昼夜問わずに勤務してる警察官は体調を崩しやすいと聞きます。
文句言ってる人は、よっぽど捻くれてる人なんでしょうね。
再発防止に努めていただいてこれからも頑張ってください。

出典:NNN

警察官に限らず、人間は常に健康とは限らないので、緊急時には自動車が自動的に停止するようになるとよい。

出典:NNN

この警官、前のタクシーに命救われたなあ。もし、前が居なくて、交差点に突っ込んでいたら、他の人も巻き込む大惨事になって居たかも…。

出典:NNN

どの職業でもそうですが、忙しくなかなか休めていないように感じます。

その疲労からか、今回の事故につながってしまったのではないでしょうか。

事故までいかなくても、多くの人は何らかの不調が出ているにも関わらず、我慢する傾向にあります。

自分の心や体と向き合っていくことも、大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする