小山市大行寺 空き巣で3000万窃盗事件!犯人は身内?

栃木県小山市大行寺の民家で空き巣がありました。

家族が留守中の間に入られ、現金3000万円が盗まれたようです。

こんな大金を盗むなんて、もともと狙っていたのでしょうか。

犯人は、現金が家にあることを知っていた可能性が高いですね。

スポンサーリンク

事件の概要

栃木県小山市の住宅で、留守中に現金およそ3000万円が盗まれ、警察が窃盗事件として捜査しています。

9日午後5時すぎ、小山市大行寺にある、87歳の無職の男性の住宅で、「家が荒らされている」と110番通報がありました。警察官が駆け付けたところ、窓ガラスが割れ室内は物が散乱するなど荒らされた状態で、現金およそ3000万円が盗まれていたということです。

警察によりますと、男性(87)は家族と暮らしていて、全員が留守にしていた9日の午前9時から午後4時半までの間に被害にあったということです。警察は窃盗事件として調べを進めています。
JNNより引用

家族全員で出かけていたのでしょうか。

家に帰って、家の中が荒らされていたらビックリしますよね。

現金が置いてあった場所もすぐに確認したのでしょう。

大金がごっそりなくなってしまうなんて、恐ろしすぎ恐ろしすぎます・・・。

空き巣のあった場所は?

事件があったのは栃木県小山市大行寺にある、87歳の無職の男性の住宅です。

出典:JNN

立派な一軒家です。

家の周りを木や石像で囲まれていることがわかります。

出典:JNN

立派な松などの木ですが、高さもありちょうど目隠しになってしまいますね。

空き巣には入られやすい条件があります。

スポンサーリンク

小山市大行寺

実際に空き巣に入られた住宅がどこなのかは特定できませんでした。

小山市大行寺を調べてみましたが、とてものどかで住みやすそうな町です。

小山市大行寺と言っても広いので、写真のような場所だけではなく、住宅が密集している場所もあります。

今の時期ですと桜も咲いていて、お花見客で賑わいそうですよね。

そんなのどかな風景の広がる場所での、空き巣事件は悲しい事件です。

空き巣の犯人は?

3000万という大金を盗んだ犯人は誰なのでしょうか。

残念ながらまだ捕まっておらず、捜索中です。

犯人はもともとこの民家に大金があるという事を知っていたのでしょうか。

また、家族で住んでいるにも関わらず、全員が外出中の出来事です。

午前9時から午後4時半まで家を開ける事を知っていた人物なのでしょうか。

こちらに関しては、たまたま通ったら外出中で人の気配がなかったということも考えられます。

しかし、3000万という大金は、すぐわかるようなところには置いていないはずです。

荒らした形跡があるので、なんとも言えませんが、ある程度の場所は把握されていた可能性もあります。

スポンサーリンク

ネットの反応

犯人は、

全く見ず知らずの赤の他人ではあるまい。

JNNより引用

身内の臭いがする。

JNNより引用

【現金およそ3000万円】???

「犯人は誰か?」ということも興味があるが「何故多額の現金が自宅にあるのか?」の方が、もっと興味深い。

ある意味、警察より怖い「税務署サン」が登場しそうな予感…。

JNNより引用

犯人が捕まろうと金は戻って来ないよね。

命があっただけとは言え、3,000万は笑えないだろ。

JNNより引用

スポンサーリンク

最後に

3000万円を盗まれ犯人が捕まらないのでは、怒りが収まりませんよね。

被害に遭われた家族の方でも、犯人の心当たりはないのでしょうか。

早く犯人が捕まる事を祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする