嵐活動休止は2017年に決定していた?人として共感する大野智のリアルな願いと今後。活動休止にメンバーの反応は?

嵐が2020年12月31日に活動休止する。

たまたまテレビをつけていたらこんなニュースが飛び込んできて驚きました!

今やテレビをつけていれば、嵐のメンバーの誰かしらは必ず目にしますよね。

誰もが知る日本の国民的アイドルですから、熱烈なファンでなくても日本国民なら誰もが驚いてしまうでしょう。

そんな嵐のメンバーの活動休止の理由や今後を見ていきましょう!

スポンサーリンク

なぜ活動休止に?

日本でもトップの人気を誇りテレビで見ない日はないほどの大活躍なグループ。

なのになぜ活動休止に・・・?

国民の誰もが抱く疑問なのではないでしょうか。

しかも活動を休止することは2017年に決まっていたのでは?

と噂がたっています。

そんな噂が広がったのも、嵐がファンに向けて活動休止を報告した際のメッセージが原因です。

原因はリーダー大野にあった?

上の動画を見るとリーダーである大野智の発言が気になります。

「2017年6月中旬頃にメンバーに集まってもらい、自分の思いを話しました」

え・・・?

どんな思いがあったのか?

次に出てくる言葉を息を飲んで待ちました・・・。

「その内容は2020年を持って自分の嵐としての活動を終えたいと。嵐20周年、そして2020年の区切りで一度嵐をたたみ5人それぞれの道を歩んでもいいのではないかと」

あぁ、リーダーのこの発言を聞きメンバーは何を思ったのか・・・。

まさかリーダーからこんな発言を聞く日が来るなんて思ってもなかったのでは・・・。

他のメンバーの心境が気になります。

「一度何事にも縛られず自由な生活をしたいと自分の思いを伝えました」

人気絶頂の時期に決断したなんて、リーダーもずっと考えていたのでしょうね・・・。

リーダーとして何がベストなのか相当悩み自問自答を繰り返していたかもしれません。

「メンバー一人一人ともなんども会って話しました。」

テレビでは5人の明るい姿ばかりを見ていたけれど、裏ではこんな苦しいやりとりがされていたなんて。

何度も話し合ったのでしょうね。

第一線で活躍している彼らだからこそ、多くの意見を出し合いここの未来を見据えて結論を出したのだと思います。

大野智が解散したかったワケ

まとめると活動休止をするというのは大野くんが発端であることは間違い無いでしょうね。

しかも本人の気持ちは最初は嵐としての活動を終えたいと話しています。

これは解散を意味しているように思います。

おそらく大野くんの告白を受けてメンバー同士でも、大野くんと一対一でも、何度も何度も話し合った結果、解散ではなく活動休止という方向に決まったのだと思います。

嵐のメンバーの嵐愛が伝わってきますね。

しかしなぜ大野くんは解散を提案したのでしょうか。

本人も話した内容の通り

  • それぞれの道を歩みたい
  • 何事にも縛られず自由な生活がしたい

この二つが彼の正直な気持ちなのでしょうね。

ファンからすれば寂しい気もしますが、彼のことを思うと何も言えません。

幼い頃から芸能界で活躍し、今まで休む暇もなくずっと活動してきたわけですから、彼の気持ちもとてもわかります。

スポンサーリンク

大野智の今後は?

芸能界での名誉や地位、多くのファンまでもをおいて、活動休止を決断した大野くん。

そこまでして、今後やりたいことはなんだったのでしょうか。

とは言ってもずっと第一線で活躍してきたわけですから、少しくらい休みたい気持ちはあるでしょう。

そんな気持ちも同じ人として理解できますよね。

大野くんの趣味は誰もが知っている通り釣りですね。

出典:http://spotsate.xsrv.jp/?p=808

今後はメディア出演も少なくなるかと思いますが、空いた時間でたくさん釣りに行かれるのでは無いでしょうか。

また、大野くんの才能でもある絵!

今までも個展を開くなど大活躍です!

こちらの芸術家としての活動がメインになっていくのかと思います。

ファンとしても大野くんの絵を見に個展に行けるのは楽しみですよね。

これまではテレビでの活躍が目立っていた分、自由な時間はなかなか取れなかったと思います。

ですので、今後は趣味の釣りや芸術の方に没頭したいのでは無いでしょうか。

積極的なメディア露出は少なくなると思いますが、個人での活躍も応援していきたいです。

スポンサーリンク

まとめ

嵐の活動休止と聞いて本当に驚きました!

しかし、活躍している彼らだったからこそたくさん悩み決断したのだと思います。

決して仲が悪いわけでは無いでしょう。

嵐としての5人を見られなくなるのは寂しいですが、それぞれが自由になり活躍していく姿も楽しみですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする