新潟の高3自殺 高校はどこ?いじめの内容は?SNSが原因か

またいじめが原因で一人の学生を自殺に追い込んでしまったようです。

10日に報道された新潟県立高校の男子生徒の自殺について、学校内でいじめがあったと判明しました。

いじめによる被害はあとをたちませんね。

スポンサーリンク

事件の概要

新潟県北部の県立高校3年の男子生徒(17)が6月に自殺した問題で、県教育委員会と同校は12日、男子生徒がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で中傷されるなどのいじめを受けていたことを明らかにした。県教委は、いじめと自殺の因果関係などを第三者委員会で詳しく調べる。

県教委や同校によると、男子生徒は6月27日朝、自宅を出た後に行方が分からなくなり、28日昼に遺体で見つかった。男子生徒のスマートフォンには、いじめに悩むメモが残されていた。

読売新聞より引用

携帯のメモに毎日の気持ちなどを綴っていたのでしょうか。

悩みを吐き出す場所は携帯しかなかったのでしょうか。

誰にも相談はできていなかったのかもしれませんね。

自分がいじめられていることを告白するのは、かなりの勇気がいることです。

高校はどこ?

どこの高校なのか、はっきりとした情報は公開がありません。

しかし、報道の映像から高校が特定され始めています。

出典:NHK

うっすらとモザイクがかかっていて、全体像はなくアップの画像のみです。

新潟県北部の県立高校ということで検索してみました。

そこで上がったのが新潟県立荒川高校です。

出典:高校HP

外観や植え込み植物等を見ると、こちらの高校で間違いなさそうです。

スポンサーリンク

いじめの内容は?

自殺にまで追い込んでしまったいじめとは、どんな内容だったのでしょうか。

同校の生徒から聞き取り調査などをした結果、男子生徒が今年5月から複数の生徒に嫌なあだ名で呼ばれたり、SNSで中傷されたりしていたことが判明。教職員は男子生徒が自殺するまで、いじめを把握していなかった。生徒の一部は中傷行為を認め、反省の態度を示しているという。

読売新聞より引用

今の所わかっていることは、

・嫌なあだ名で呼んでいた

・SNSで中傷していた

この2つです。

どんな内容だったのかはわかりませんが、何人かのグループがSNSに中傷するようなことを投稿しあっていたのでしょう。

嫌なあだ名で呼ばれたりと、自分だけ輪に入れず外されることだけでも辛いですよね。

同じ教室の中に少しでも守ってくれる人は一人もいなかったのでしょうか。

残されていたメモの内容はわかりませんが、少しでも気にかけ話を聞いてくれる人がいたら何か変わっていたのかもしれません。

ネットの反応

いじめている時は面白かったかもしれないが、家に帰って独りになった時にいじめられた相手の事、何も思わなかったのかな。

これからは一生忘れられなくなるだろう。

読売新聞より引用

東北と鹿児島は学生の自殺が多い。
理由は、閉鎖的だからです。
これから時代はどんどん変わる。
ずっと昔の考え方で教育の現場を見ていては
自殺者が一向に減りませんよ。
楽しく、明るい、行きたくなる学校
今一度、目指して貰いたい。

読売新聞より引用

いじめる方は家庭や学校で起きるストレスのはけ口に、自分より弱い人をいじめる。相手が自殺すると思わないからか、ちょっと学校はもう少し生徒たちの心のケアなど力を入れてほしい。

読売新聞より引用

スポンサーリンク