ミナミ発砲事件の場所詳細!バーファイブはカジノ?犯人は韓国籍の姜眞一と判明。大阪で男性2人撃たれ重体

大阪・ミナミにあるバーで発砲事件がありました。

バーの従業員と男性客の2名が撃たれ、意識不明の重体でしたが男性客(32)は意識が回復しました。

使われた拳銃は、回転式拳銃のようなもので、発砲音などは外には聞こえていなかったようです。

ミナミは繁華街で飲み屋も多く、いつも賑わっているイメージがあります。

そんな場所での発砲事件はとても怖いです。

スポンサーリンク

事件の概要

大阪・ミナミの繁華街で発砲事件があり、撃たれた男性2人が意識不明の重体です。犯人は現在も逃走しています。

11日午前1時ごろ、ミナミのバー「ファイブ」で「40歳くらいの男性の意識がないようです」と従業員の男性から119番通報がありました。警察によりますと、「パン」という音を聞いた従業員が店内を確認すると、30代の男性客と別の従業員の男性が血を流して倒れていて、2人は病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。発砲した男は今も逃走していて、年齢は30歳くらいで髪は短く、身長は160センチ前後、グレーのシャツとズボン姿だったということです。警察が行方を追っています。
ANNより引用

店の従業員の1人は、撃たれずに助かっています。

犯人が店内に入ってきた際には、店の表には居なかったようですね。

もし、同じ時間に店に立ち接客をしていれば、一緒に拳銃の被害者になって居たかもしれません。

そう考えると本当に恐ろしいです。

追記1:発砲した男は常連客?

新しい情報が入りました。

発砲があったバーの店は、会員制のバーで普段からドアに施錠がしてあるそうです。

店内から訪問客をモニターで確認してから、来店を許可する仕組みでした。

ですので発砲事件に巻き込まれていない方の従業員が、モニターでチェックし中に入れたようです。

出典:ANN

顔見知りの客であれば、誰なのかもわかっていそうですよね。

逮捕も早そうですが・・・?

あるいは、犯行をわかっていながら、犯人を店内に入れたのか?

ま逃れた従業員は犯人と共犯しているのか・・・

いろんな憶測が考えられますが、犯人の服装などの特徴を話している訳ですから、共犯ではないことを信じたいですね。

スポンサーリンク

追記2:逃走姿がカメラに・・・

何と犯人である姜眞一容疑者が店から走る逃走姿が、防犯カメラに写っていました。

姜眞一容疑者は入店後すぐに発砲し、その場から去ったわけです。

出典:ANN

左上に走っている姿が写っていますね。

雨が降っているのに、傘もささずに全速力で走っていきます・・・。

出典:ANN

裸足のようです・・・なぜ靴を履いていないのでしょうか・・・。

入店した時から裸足だったのか、靴が走っている間に脱げてしまったのか。

きっと発砲してすぐに逃げてきた様子ですね。

姜眞一のプロフィール

  • 名前:姜眞一(きょう しんいち)
  • 年齢:34
  • 国籍:韓国
  • 身長:160くらい
  • 職業:不詳

かなり身軽そうな服装です。

昨夜は雨も降って居ましたし、長袖であったとしてもTシャツではまだ寒い気候かと思います。

そんな姿で外に出るとは、近くに住んでいる可能性もありそうです。

しかし現在は逃走中で、捕まっていません。

スポンサーリンク

姜眞一の顔画像

姜眞一容疑者の顔画像はこちらです。

出典:JNN

韓国籍ですが、バーの常連であり、「殺害したい」と強く思う相手がいるとなると、長く日本に住んでいるのかもしれませんね。

姜眞一容疑者も暴力団と関わりがあるのだと思います。

しかし、犯行や手口がかなり大胆な気もしますが・・・。

犯行動機は?

犯人の犯行動機は一体なんだったのでしょうか。

確かなのは、強い殺害の意思があったのだと思います。

姜眞一容疑者はバーファイブの常連客だったために、入店ができました。

バーのスタッフとは面識があるということです。

考えられることは、

  • バーのスタッフに恨みがある
  • 訪れていた客(山口組兼一会の組員との噂)と面識があり、バーにいる事を知った上で発砲した

また、今回事件のあった店はネットカジノ店で、暴力団の資金源となっていることが多い場所のようです。

  • 暴力団の関連

というのも考えられるでしょう。

事件のあったバーはどこ?

発砲のあった場所はバーファイブです。

住所は大阪市中央区宗右衛門町の南ビル3階にあります。

出典:読売テレビ

こちらのビルです。

ビルだけ見ると、一見暗いイメージがあります。

しかし、この南ビルを出てすぐ右を向くと・・・

人通りがありそうな場所です。

さらに左を見れば・・・

奥には小さく門が見えます。

それがこちらです。

出典:読売テレビ

相合橋筋の繁華街です。

5分ほど歩けば、大阪の名物グリコで有名な道頓堀の通りに出ます。

観光客も多く訪れる場所ですよね。

大阪旅行できたら必ず訪れる場所ではないでしょうか。

そんな場所の近くでの事件は怖いですよね。

バーファイブの実態

バーファイブという名前の飲食店ですが、実際はネットカジノ店です。

店内の様子は、一見バーのようになっています。

しかし、カジノ機がたくさん並んだ場所だという情報もあります。

違法賭博が行われていた可能性もあり、捜査が進められています。

スポンサーリンク

使われた回転式拳銃

回転式拳銃と聞くだけで、恐ろしいイメージです。

出典:コルト・パイソン

こちらの写真はイメージですが、なんとなく一般的な拳銃よりも威力があるような気がしてしまいます。

特徴は、射撃時に回ることで連発射撃ができる点です。

通常は5〜6発を装弾できます。

スポンサーリンク

被害者情報

発砲事件は夜中0時過ぎに起きていますが、その際に店内にいた2人が銃で撃たれています。

男性従業員(42)と男性客(32)です。

頭や胸、腹部に撃たれた跡がありました。

撃たれた男性客は、無事だった従業員とタクシーで病院に向かったようです。

現在は意識を取り戻しています。

噂では男性客は山口組兼一会の組員ということです。

ネットの反応

普通の一般人は、
拳銃なんか持っていないから、
犯人はその筋の輩だろ。

ANNより引用

スポンサーリンク

最後に

拳銃は店内に残されていたので、また発砲される可能性は少なそうですが、早く犯人が捕まって欲しいです。

今回被害に遭われた2人も、どちらともが犯人と関わりがあるとは思えませんし、巻き込まれてしまった可能性が高いと思います。

このような事件があると、海外の観光客の方達にも影響してしまいそうで心配です。

近くの方も旅行者の方も安心して楽しめる場所になって欲しいですね。