丸山敬道の顔画像!プロフィール!少女に60万払い淫らな行為撮影。児童ポルノで逮捕

16歳の少女とみだらな行為をし、金を稼いでいた男が逮捕されました。

その売り上げは4000万にもなるようです。

16歳の少女とは、計4回撮影をしていました。

一回につき15万円を払っていたとのことで、少女へは同意を得た上での撮影だったとみられます。

スポンサーリンク

事件の概要

10代の女子高校生とみだらな行為をする様子を撮影し、動画サイトに投稿するなどして、合わせておよそ4000万円を売り上げたとみられる男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは無職の丸山敬道容疑者(39)で、2017年、高校1年の女子生徒(当時16)が18歳未満と知りながら60万円を支払ってみだらな行為をしたうえ、その様子を撮影して動画サイトに投稿した疑いが持たれています。

丸山容疑者は同様の動画の投稿を繰り返し、視聴料などでこれまでにおよそ4000万円を売り上げていて、取り調べに対し容疑を一部否認しています。


JNNより引用

驚きですよね・・・。

2017年に動画をサイトにアップし、収入が4000万にもなるようです。

もともとこういった動画投稿には詳しい人物なのでしょうか。

相手の16歳だった少女は、まだ若く適正な判断ができなかったのかもしれません。

しかし1回で15万円ももらえるとなれば、断る理由もなかったのでしょうか・・・。

恐ろしい話です。

丸山敬道のプロフィール

名前:丸山敬道(まるやま たかみち)

年齢:39

職業:無職

犯行場所:新宿区ホテル

犯行当時は37歳です。

職業は無職ですが、インターネットで2年間で4000万円も稼げれば、働く必要もなさそうですね・・・。

スポンサーリンク

丸山敬道の顔画像は?

丸山容疑者の顔画像はこちらです。

出典:JNN

下を向いているので、少しわかりにくいです。

16歳の少女とは一回り以上も年が離れています。

少女から見て、年上の男性は怖くはないのでしょうか?

反対にかっこいい、憧れの存在になるのでしょうか?

いくらお金がもらえても、何をされるかわからない恐怖の方がまさりそうですが・・・。

当時の状況

丸山容疑者は、相手が18歳未満と知りながら、4回にわたってみだらな行為をしたうえ、その様子を撮影して動画サイトに投稿したようです。

1回につき15万円を少女に支払い、撮影をしていました。

4回行ったため、少女に支払ったのは計60万円です。

出典:JNN

その動画をインターネットの有料サイトにアップし、およそ4000万円を売り上げています。

盗撮ではないですし、金銭授受もしているわけですから、少女の了承はあったのでしょう。

出典:JNN

数台のカメラを使って撮影されていたようです。

スポンサーリンク

児童ポルノとは?

児童ポルノ禁止法の目的は、性的な搾取や虐待から児童を保護し、その権利を守ることです。

児童ポルノとは・・・18歳未満の児童の性的な写真や動画を残すことです。

18歳以上がこのほうにこの法に罰せられることはないようです。

また、漫画等も対象外です。

詳しい内容はこちらの記事にありますので、気になる方はご覧ください。

出典:JNN

児童ポルノの事件件数は、去年1年間で3097件もあったようです。

過去最高の件数になりました。

ネットの反応

まあ、犯人には厳罰を望みます。しかし女子高生もね~お金をもらってホイホイついていったんでしょう。女子高生にも問題ありやわ。

JNNより引用

女子高生も同じ罪なのでは。同意の上だろうし。
お金もらって通報して被害者顔はないと思う。

JNNより引用

拡散されたらいつまでも残ってしまう。

SNSの怖さをまだ知らない、女子高生だけじゃなく、教育現場でも指導した方がいい。

JNNより引用

スポンサーリンク

この事件から思うこと

学生の頃に、児童ポルノについては学ぶ場があるかと思います。

それでもまだ、我が身に起こっているとは考えられないのでしょうね。

自分のしていることが恐ろしいことだとわかっていたとしても、金銭などにつられて流れてしまうことは多いと思います。

事件件数が過去最多になったのも、少女たちの危機感のなさが関係しているのかもしれません。