久保慶晃の顔画像は?元カノに2度もストーカー。自称経営者の異常な行為

同じ女性に二度ストーカー行為をしたとして男が逮捕されました。

男はストーカー規制法違反などの罪で起訴されていて、保釈中にまたストーカー行為をしたようです。

呆れてしまいますね・・・。

しかし容疑者本人は自分のしていることをストーカー行為だと思っていないようにも感じます。

ストーカー規制法についても詳しく見ていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

女性に対するストーカー規制法違反などの罪で起訴されて保釈中に、同じ女性にストーカー行為をしたとして、28歳の男が警視庁に逮捕された。

逮捕されたのは埼玉県川越市の久保慶晃容疑者。警視庁によると久保容疑者は、ストーカー規制法に基づく禁止命令を受けていたにもかかわらず、20代の女性に12回にわたってSNSで「大好きだ」などとメッセージを送り、ストーカー行為をした疑いが持たれている。

久保容疑者はことし3月、同じ女性に対するストーカー行為などの罪で起訴されたが、先月、保釈されると、1週間ほどでストーカー行為を再開したという。

調べに対し、久保容疑者は「そのようなことは絶対にやっていません」と容疑を否認しているという。


NNNより引用

ストーカー被害を訴えた女性は久保容疑者の元恋人であった20代女性です。

別れた後も、久保容疑者からストーカー行為を受けていたようです。

今回二度目の逮捕となったのは、保釈中であるにも関わらずメールで「大好きだ」等を送っていたようです。

元彼女に対する想いが抑えきれていない様子です・・・。

メールだけか・・・とも思いますが、女性が恐怖を感じているのであればやめていただきたい行為です。

最近はストーカーから殺害に至るケースもありますし、女性が恐怖を感じるのも無理はないですね。

スポンサーリンク

久保慶晃のプロフィールは?

名前:久保慶晃(クボ ヨシアキ)

年齢:28

職業:自称会社経営

住所:埼玉県川越市菅原町

会社を経営しているというのは本当なのでしょうか。

だとすれば、すごいことですよね。

28歳という若さで起業したのであれば、夢を持った努力家な人物なのかもしれません。

久保慶晃の顔画像は?

自称 会社経営者の久保容疑者の顔画像はこちらです。

出典:NNN

車に乗っているところなので、全体像はわかりません。

2回目の逮捕ですが反省している表情には見えませんね・・・。

スポンサーリンク

犯行の詳細

久保容疑者はどのような形で連絡女性に連絡を取ったのでしょう。

久保容疑者はもともと同じ女性に対する脅迫とストーカー規制法違反の両罪で3月に起訴され、4月12日に保釈されたばかりでした。

保釈をされた1週間後に、また女性に連絡をしていました。

出典:NNN

元交際相手の女性へは、インターネット交流サイト(SNS)上でメッセージを12回送っていました。

おそらく女性からは連絡先などをブロックされていたのでしょう。

わざわざインターネット上からも送ってくるなんて執拗ですね。

「大好きだ」などと送っていたようですが、自分の気持ちを抑えることはできなかったようです・・・。

女性が嫌がっているという事実はどうでもいいのでしょうか。

かといっても、恋愛の感情を抑えることは一番難しいことなのかもしれません。

ストーカー規制法とは?

ストーカーとはどこからの行動のことを言うのか調べて見ました。

一言で言うと、付きまとい行為です。

  • 尾行し、つきまとう
  • 待ち伏せをする
  • 自宅や職場、学校に押しかける

などが挙げられます。

この事例が数回にわたって続けば、明らかにストーカーでしょう。

今回の場合は交際の要求をしているようですね。

  • 面会や交際、復縁等義務のないことをあなたに求める。

こういった行為もストーカーにあたります。

ですので、メールで執拗に交際を迫ることも立派なストーカー行為と言うことですね。

恐怖を感じたらすぐに警察へ連絡しましょう。

加害者である本人は、ストーカー行為をしているなんて自覚はなさそうですが・・・。

スポンサーリンク

ネットの反応

本人は否定しているようだが、本当ならコイツは危ないから監視下においた方がいい。行為がエスカレートして取り返しのつかないことしたら大変。この手の輩は暴走しやすいと思う。

NNNより引用

こいつは出所すればまたストーカーするね、
エスカレートして桶川の事件になりかねないので女性の保護を徹底して欲しい。

NNNより引用

再犯率の高いストーカーや性犯罪者には保釈は必要ありません。実刑でお願いします

NNNより引用

まとめ

性別に限らず、誰もが被害に遭う可能性があります。

恋愛感情を抑えることは難しいことでもあります。

ストーカー行為をしている加害者側は、自覚がない場合が多いと思います。

しかし、相手の心や体を傷つける行為は異常でもありますよね。

危険な目に会う前に、必ず相談したいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする