攪上隆の顔画像は?賭博とは?渋谷の違法パチスロ店が摘発され逮捕

東京・渋谷の違法パチスロ店が摘発され、従業員の男女3人が逮捕されたようです。

どのような店だったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

常習賭博の疑いで逮捕されたのは、渋谷区道玄坂の違法パチスロ店「JAC」の従業員・攪上隆容疑者ら男女3人。警視庁によると、攪上容疑者らは28日、店にパチスロ機39台を設置し、客の男3人に賭博をさせた疑いが持たれている。店に設置されていたのはギャンブル性が高く、現在は禁止されているパチスロ機ばかりで、1日で30万円以上を売り上げていたという。

NNNより引用

「JAC」という店は日頃から客に対して、賭博をしていたのでしょうか。

禁止されているパチスロ機があると知れば、物珍しく客寄せにもなりそうです。

出典:NNN

攪上隆容疑者のプロフィール

名前:攪上隆 (カクアゲ タカシ)

年齢:48

勤務地:渋谷区道玄坂の「JAC(ジャック)」

容疑者は「スポーツ新聞の求人広告を見て面接を受けた」と、働いた経緯を話したようですが、いつから働いていたかは不明です。

攪上隆容疑者の顔画像は?

動画があがっていましたが、上を向いたりする様子で、不貞腐れている印象です。

攪上隆容疑者

出典:NNN

かなり怠そうな様子で、反省の色は見えません。

スポンサーリンク

そもそも賭博とは?

そもそも賭博が何か、みなさんご存知でしょうか。

簡単にですが調べてみました。

賭博とは、金品を賭けて勝負を争う遊戯のことで、ギャンブルと同じ意味になります。

例えば、商品を賭けてのビンゴゲームや優勝賞金を賭けた大会などは、片方(主催者)にしか負担がないので賭博には当てはまりません。

「一時の娯楽を供する物」とは、一時的な娯楽のために消費される物の事を言い、後述する賭博罪の対象にはなりません。例えば、飲み物や食べ物などがこれにあたり、「勝負に負けたら夕飯をおごる」などは、賭博罪にはなりません。

弁護士ナビより引用

境となる判断がなかなか難しいですが、継続的に 大金をかけて となると、賭博になる可能性が高いようですね。

パチンコや競馬は公営として認められているようです。

ネットの反応

規制するから闇スロットがある!
いくら規制してもギャンブルする人はしてしまう。

NNNより引用

パチスロで負けて、500万円も借金しとる知人がいる。

50歳過ぎて、契約社員。 弁済できんだろうな…。

NNNより引用

違法でなかったとしても、継続的にパチンコで負け、借金を作る人もいるとなると・・・

自己責任のうちなのでしょうが、違法店でも正規店でも、客の求める欲求や快楽は同じなのではないでしょうか。

事件調査では現在、経営者の割り出しを行なっているようです。

すぐに特定がなされるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする