岩村家の家族構成!子育てに不満か?7歳娘と無理心中の理由。猪名川町木津の自宅で娘刺し自殺

兵庫県猪名川町の住宅で、母親が娘を殺傷する事件が発生しました。

その母親も腹から血を流していて、重症のようです。

母親の行動の意図はなんだったのでしょうか。

また、家族間にトラブルがあったのかなども調べていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

8日未明、兵庫県猪名川町の住宅で、小学2年の女の子が首のあたりを切られ死亡しました。警察は、同じくけがをしている母親から事情を聴く方針です。

8日午前4時20分ごろ、猪名川町木津にある住宅2階の寝室で、この家に住む小学2年の岩村樹里さん(7)が、首のあたりから血を流しているのを隣で寝ていた兄(10)が気づき、父親が消防に通報しました。樹里さんは、搬送先の病院で死亡しました。隣で寝ていた母親(43)も腹から血を流していて病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。

警察によりますと、寝室で血の付いた包丁が見つかっているほか、外部から侵入した形跡がないことなどから、警察は母親が関与している可能性があるとみて、回復を待って事情を聴く方針です。
JNNより引用

警察が言うように母親が娘を刺したのは事実なのでしょうか。

外部の人間がもし侵入してきたとしたら、一緒に寝ていた兄なども気付く可能性はありますよね。

そう考えると、やはり母親が犯行した可能性は高いです。

母親と娘の関係が良好だったのかきになるところです・・・。

岩村樹里ちゃんの情報

母親に刺され死亡したのは、7歳の岩村樹里ちゃんです。

小学生2年生でした。

自宅である猪名川町木津から一番近い小学校は猪名川町立楊津小学校のようです。

こちらの小学校に通っていた可能性が高いです。

緑に囲まれた、自然豊かな場所ですね。

樹里ちゃんは、首や腹から血を流しているのが発見され搬送されましたが、死亡が確認されました。

スポンサーリンク

樹里ちゃんの母親は?

娘の樹里ちゃんを刺し死亡させたと見られる、母親の情報をまとめます。

住所:猪名川町木津

年齢:43

現状:自ら腹を刺し重体

母親の名前や顔画像などは公開されていません。

包丁で娘を刺した後、自ら自分の腹を刺したと見られます。

現在は意識不明の重体のようです。

どんな人物だったのか、なぜ娘のみ道連れにしたのか・・・疑問が多く残ります。

事件の場所

事件のあったのは、自宅でもある民家です。

兵庫県猪名川町木津

出典:JNN

木のぬくもりが感じられるような素敵なご自宅です。

出典:JNN

坂道を上がっていった場所にある民家で、2階からの景色も良さそうです。

スポンサーリンク

岩村家の家族構成

岩村家の家族構成は

父・母(43)・兄(10)・樹里ちゃん(7)の4人家族です。

出典:JNN

寝室は2階のようです。

樹里ちゃんと兄は隣で寝ていたようで、異変に気がついたのも兄でした。

兄が父に報告し通報したようなので、4人で同じ2階で寝ていたのだと思います。

出典:JNN

兄も10歳とまだまだ幼いですよね。

小学5年生ほどでしょうか?

状況を理解するまでに時間がかかりそうです。

無理心中の理由は?

多くの謎が残る事件です。

疑問点

・自殺を図ったわけ

・娘を道連れにしたわけ

・娘のみを巻き込んだわけ

考えられる理由

何かしらの理由で自殺したかったと言うのは事実でしょう。

そこまでの考えに至るには、相当何か辛い悩みを持っていたのだと思います。

考えられる理由は

子育てに疲れていたなどでしょうか。

樹里ちゃんとの関係がうまくいっていなかった可能性がありますし、手におえない状況だったことも考えられます。

ストレスから解放されいと思うのは当然のことですよね。

旦那さんとの関係も不明ですが、樹里ちゃんが自分の娘である可能性は高いと思います。

早く回復し、謎が解明されることを願います。

スポンサーリンク

ネットの反応

立派なお家があるのに…。それだけで幸せそうに見えますが、わからないものですね。満たされない何かがあったんですかね

残されたお兄ちゃんを思うと胸が張り裂けそう。子供は親の所有物じゃないんです、命を奪わないでください。

樹里さんの安らかに

JNNより引用

最近、やたらと親が子供を殺める事件が多い。
親の居ない子供は可哀想だからと、子供を殺める。確かに親に事情があり自殺し、子供を残したら心残り。。でも子供はこの世に生まれ将来
未来がある。無理やり未来が絶たれる。余程、可哀想だと思う。お兄ちゃんは、妹の最後の姿は、一生忘れきれない。一生背負って生きていく。。親のせいで。。

JNNより引用

結婚しても幸せになるとは限らない。結婚した時に、こうなるとは思いもしなかったでしょうね。

JNNより引用

スポンサーリンク

最後に

何に対してなのかは不明ですが、我慢も限界だったのでしょう・・・。

いくら大変だとはいえ、自分の娘は可愛いはずです。

そう思えなくなってしまった要因が気になるところです。

残された10歳の兄の心境も心配ですね。