ダム湖遺体 大阪で土嚢購入し準備か?稲岡和彦が5年ぶりに母に電話の真相は?小西優香さんが殺害されるまでの足取り

兵庫県の加古川ダムで小西優香さんの遺体が発見された事件に進展です。

遺体をダムに遺棄した犯人も特定されましたね。

新たに、衣装ケースについていた重りを大阪で購入していたことも判明しました。

スポンサーリンク

事件の概要

兵庫県加古川市の権現ダムで大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体を遺棄したとして男2人が逮捕された事件で、遺体の重りに使用した土嚢(どのう)が大阪市内の量販店で購入された疑いのあることが18日、捜査関係者への取材で分かった。2人のうち1人は遺棄現場のダム湖がある加古川市内に実家があった。現場に土地勘があったとみられ、兵庫県警は量販店の防犯カメラ映像を解析するなどして遺棄の詳しい経緯を調べている。

男2人は大阪市西区立売堀の森翔馬(20)と同市生野区巽北の稲岡和彦(42)の両容疑者。17日夜~18日未明に死体遺棄容疑で県警に逮捕された。

産経新聞より引用

遺体発見前に土嚢を購入している姿が防犯カメラで確認されました。

小西さんを殺害した二人、森翔馬と稲岡和彦の足取りも分かってきています。

森翔馬・稲岡和彦のプロフィール

名前:森翔馬

年齢:20

住所:大阪市西区立売堀

車免許:なし

名前:稲岡和彦

年齢:42

住所:大阪市生野区巽北

車免許:あり

稲岡容疑者の実家は、遺体行きがあった権現ダムから西約7キロの場所の位置しています。

ですので稲岡容疑者は土地勘があったと思われます。

行き場所を選び、車で運んだ疑いが持たれています。

スポンサーリンク

犯行の準備か?

捜査関係者によると、遺体発見前、大阪市内の量販店で土嚢を購入する不審な男1人を県警が確認。容疑者が犯行に使用するために購入した疑いがあり、店内の防犯カメラを詳しく解析し男の特定を進めている。

産経新聞より引用

二人の容疑者のうちどちらが購入していたのかは分かっていませんが、おそらく稲岡容疑者ではないでしょうか。

重さがあり容易に運べるとは思いません。

購入してから車に積んでおいたのでしょう。

死体遺棄の際にダムで土嚢をくくり付けたのだと推測されます。

犯行前に怪しい人物として確認していたのであれば、警察はなぜ聞き取りなどをしなかったのでしょうか。

「怪しい人物」と見破れるのでしたら、その後の対応で小西さんの運命も変わっていたかも知れないのに・・・

稲岡容疑者が母に電話した理由は?

加古川市内の実家近くで取材に応じた稲岡容疑者の母親(66)は、17日に同容疑者から健康を気遣う電話を受けたと明かした上で「息子からの電話は約5年ぶりだった。事件に関与したことが事実ならば大変申し訳ない」と語った。

産経新聞より引用

稲岡容疑者が犯行後に母親に電話をしていたようです。

普段から頻繁に電話があったようではなさそうです。

自分が間も無く逮捕されてしまうと悟っての行動でしょうか。

母親も、5年ぶりの電話は嬉しかったでしょうね。

まさか息子が事件に関わっているなんて、信じたくないと思いますし、相当なショックを受けているのではないでしょうか。

ネットの反応

5年振りの母親への電話って警察の捜査状況の探りだったらとても悲しい話だわ。

産経新聞より引用

土嚢を購入する不審な男が映ってるって、どういう買い方をしたら不審人物に見えるの?
土嚢なんか普通に買えるのに

産経新聞より引用

20歳でこの風貌か! 事件に巻き込まれることもあるだろう。

産経新聞より引用

42の男が死体発見前夜に5年ぶりに実家の母親に電話したって?不自然極まりない行動だな。こりゃ決まりだ。

産経新聞より引用

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする