月山道路・国道112号 事故現場詳細!大学生が亡くなる大事故。原因は?山形県西川町月山沢 月山花笠ライン

山形県西川町の国道で、なんとも痛々しい事故が発生しました。

大型トラックと乗用車が正面衝突した事故ですが、乗用車に乗っていた3人のうち1人が亡くなりました。

3人は別々の大学に通う大学生でした。

休みを利用して出かけていた最中だったことでしょう。

地元が一緒で、昔から仲が良かったのかもしれませんよね。

写真から、事故の衝撃が大きかったことがわかります・・・。

スポンサーリンク

事件の概要

12日未明、山形県西川町の国道で、乗用車と大型トラックが正面衝突し、4人が死傷した。

12日午前4時半ごろ、山形県西川町の国道112号で、乗用車と大型トラックが正面衝突した。対向車線にはみ出しトラックと衝突した乗用車は、事故の衝撃でフロント部分が運転席まで押しつぶされている。

乗用車の大学生3人が病院に搬送され、このうち、後部座席に乗っていた千葉県佐倉市の渡辺大登さん(21)が頭を強く打ち死亡した。また、運転していた埼玉県和光市の学生(20)と助手席の東京都立川市の学生(20)が大けがをしたほか、トラック運転手の男性も軽いけがをした。

NNNより引用

とても大きな事故です。

この事故の原因は、乗用車が反対車線にはみ出したことで、トラックと正面衝突しました。

乗用車が追い越し車線と思い込んで車線を変更した可能性があるとみています。

出典:NNN

勘違いをしてしまうとしたら、対向車線から車が走ってこなかったのでしょうか?

それほどまでに走行車が少ない道路なのでしょうか。

そんなことはないと思いますので、おそらく無意識に追越車線だと勘違いしていたのではないでしょうか。

車内で楽しく話していれば、運転への注意がそれてしまうことがあったのかもしれません。

いきなり対向車線から乗用車が飛び出してきては、トラックも避けきれませんよね・・・。

本当に痛ましい事故です。

スポンサーリンク

事故現場はどこ?

事故があったのは山形県西川町の国道112号です。

〒990-0733 山形県西村山郡西川町月山沢

月山花笠ラインのトンネルに差し掛かる前です。

乗用車がトンネルに入る前の事故でした。

緑が多く、360度木々に囲まれた大自然を感じる道です。

亡くなられた渡辺大登さん

名前:渡辺大登(わたなべ ひろと)さん

年齢:21

職業:大学生

住所:千葉県佐倉市王子台一丁目

死亡要因:外傷性くも膜下出血など

渡辺さんは後部座席に乗っていて、頭を強く打ったようです。

相当な衝撃だったことがわかります。

シートベルトをしていたのかはわかりません。

こう言った事故を目の当たりにすると、どこに乗車してもシートベルトは絶対に必要ですね。

他 大学生2人

運転手:埼玉県和光市の学生(20)

助手席:東京都立川市の学生(20)

この事故で2人とも大怪我をしています。

出典:NNN

乗用車のフロント部分は、全く原型をとどめていません。

衝撃の大きさが伝わってきます。

前に乗っていた2人が、命が助かったことは奇跡に思えます。

トラックを運転していた男性も怪我を負っています。

スポンサーリンク

事故状況は?

事故現場からは、痛々しい状況が伝わってきます。

目を向けることも苦しいくらいの光景です。

出典:NNN

トラックもへこんでいますが、乗用車は原型もわからないほどです。

出典:NNN

フロントガラスが上に飛び出ています。

前方に至っては、車の形がどうなっていたのかもわかりません。

出典:NNN

前の席はほとんど潰れてしまっています。

事故当時、乗っていた本人たちは何が起こったか、把握できなかったことでしょう。

朝方4時頃の事故なので、眠気も襲ってきていたかもしれません。

トンネルから出てきたばかりのトラックに気がつかなかった可能性もあります。

ネットの反応

後部座席でもシートベルトをしなくてはならない。
運転経験が浅い学生が運転している場合は特に注意しないと。
深夜や明け方は居眠りも多いし東北はまだ道路が凍結する可能性もあるから出来るだけ運転しない方がいいな。

NNNより引用

グチャグチャだね…前が…。
かなりスピード出てたんかなぁ。

後ろに乗ってた友達が亡くなり
運転してた人は 一生辛い思いするだろうな。
自分の間違った運転のせいだからさ。

免許取った年数では無く
自分も こうならないよう 気をつけなきゃと
事故の映像見る度に思う。
被害者を出さない為にも 運転気を付けようと。

NNNより引用

何故、追い越し車線と勘違いするのか分からないけど、他人の命乗せている以上は無謀な運転にブレーキをかけれなかったのかな。

NNNより引用

R112は道幅が大きく変化する登坂車線だったり除雪作業のための道幅を確保した部分もある。若さの一言では済まされない犠牲者を出してしまった。山形では逆走のニュースも耳にする。初めて通行する人にも判断できる表示だったか検証が必要ですね。

NNNより引用

スポンサーリンク

最後に

車の事故は、慣れている人にも、免許を取ったばかりの人も関係なく起こり得ます。

これから暖かくなり、出かける機会もより多くなります。

本当に注意していきたいです。

亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

また、怪我を負った3人の早期回復を祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする