夏に急増!あなたは大丈夫?インナードライ肌

そもそも、インナードライって何・・・?ですよね。

簡単に言うと、肌の内側が砂漠状態ってことです・・・。
意識を向けないと、気にしない部分だと思います。

では、詳しくみていきましょう!

        出典:大分での地割れの意味

スポンサーリンク





インナードライの状態とは

肌表面はしっとり、潤っているように見えるのですが、
肌の内側は、乾燥しています。

なぜ、表面はしっとりしているのか?
それは・・・肌に水分が少ない為、これ以上潤いを逃がさないよう、皮脂を過剰に分泌しているようです!

なので、「乾燥してる気がするけど、なんかベタつく」
となるのです。

こんな悩み、ある?

あなたがインナードライなのか、簡単にチェックすることが出来ます。肌状態を見てみましょう。

・テカリとかさつきが両方気になる
・毛穴は気になる
・キメの乱れが気になる
・化粧のりが良くない
・化粧が崩れやすい
・ザラつきが気になる

どうでしょう?
いくつか当てはまりましたか?
当てはまっていたら、あなたはインナードライかもしれませんね。

なぜインナードライになるの?

季節の変化に伴って、肌も変化します。
インナードライは春・夏の暖かくなる頃に多くなると言われています。

気温や湿度が高まると、汗をかきますよね。
その汗とともに、肌の水分も一緒に蒸発してしまいます。

汗をそのままにしておくと、塩分によって更に、肌の水分を奪っていきます。

肌は水分をなんとか保とうと、過剰に皮脂を分泌します。
その皮脂を「ベタつくから」と、取りすぎてしまうクレンジングや洗顔の使用も原因になっているかもしれません。

スキンケア

スポンサーリンク





インナードライを改善しよう

まず、潤いを保つ正しい洗顔をしましょう。過剰な皮脂の分泌を抑えることに繋がります。

保湿力のある洗顔フォームを選びましょう。また、洗顔をする際は体温より低めのぬるま湯で。お湯も皮脂を取ってしまいます。

そして、スキンケアです。
化粧水も丁寧に!たっぷりとお肌に入れる為に、優しく丁寧にコットンでパッティングしましょう。

肌がベタつくからと言って、オイルやクリームを塗らないのも良くありません。
せっかく入れた化粧水が逃げていきますし、必要な油分のコントロールをしてくれます。

ただ、Tゾーンはクリームを少なめにすると良いかもしれません。

コットンで化粧水をつける理由

手ではムラが出来てしまいますが、コットンを使用すると肌に必要な量を与えられる為、推奨しているところが多いです。

更にパッティングすることで、水分がより肌の中へ入っていきます。強い刺激は肌にダメージを与えるので、優しく行いましょう。

ところで、顔の肌面積は知っていますか?
なんと・・・新聞紙1枚分です!

なかなか想像がつきにくいと思いますが、
それだけ私たちの肌は凹凸があるということですね。

全体に水分が行き渡るように、丁寧にケアしていきましょう。

気づいた時からのケアが大切です!
インナードライを改善し、潤いに満ちた弾力のある肌を目指しましょう。

暑い夏でも、丁寧なスキンケアをしたいですね。
紫外線に負けない肌作りにもつながりますよ。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする