認知症男性を異例の逮捕!家族も納得?警察や販売店が協力 安全面を考え69歳男性逮捕

認知症の男性が異例の逮捕です。

年致傷の疑いがあった男性が、家族の反対を押し切り車を運転するなどして、安全面を考慮し逮捕されたようです。

警察の判断は正しかったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

警察や親族によりますと、逮捕された神奈川県鎌倉市に住む69歳の男性は、10年ほど前から認知症が疑われる症状が進み、車で出かけて帰り道が分からなくなるなどのトラブルが相次いでいました。

親族などが運転を止めるよう注意しても聞かず、先月、車検を更新しようと、自動車販売店を訪れました。ところが、車検はすでに切れていたうえ、明らかに認知症を疑わせる言動があったため、販売店が警察に相談。警察も運転を止めるよう説得しましたが、男性は応じませんでした。こうしたことから、警察は「事故を防ぐにはやむを得ない」として、先月30日、男性が自宅を車で出た際に、車検切れのまま運転した疑いで現行犯逮捕し、車を押収しました。こうした対応は極めて異例で、 男性は翌日釈放されています。

JNNより引用

出典:JNN

認知症の方への対応は非常に難しいことだと思います。

本人も自分が認知症だとは認めたがらない傾向にありますよね。

自動車販売店の方の判断は正しかったのかも知れません。

おそらく、販売店の方が男性に説明をしたところで聞かなかったでしょう。

スポンサーリンク

家族の反応

逮捕された男性の弟はこのように話しています。

「事故を起こすことが一番心配。ひとさまの命を奪っちゃうことになったら、これは大変」

JNNより引用

10年ほど前から認知症の疑いがあったということで、家族も対応に悩んでいたのかも知れませんね。

逮捕された男性は運転が好きだったのかも知れませんね。

仕事も定年を迎え、車で出かけることが楽しみだったのかも知れません。

男性にとって運転を制限されることはかなりのストレスだと思いますし、認知症だとは決して認めたくないはずです。

運転することで事故を起こした場合、誰かを巻き込んでしまうのも居た堪れませんし、本人の命にも関わります。

今回の判断は異例ですが、販売店・警察の協力と家族の理解で起きた、素晴らしい判断だったのかも知れませんね。

ネットの反応

販売店と警察の判断は正しい。

JNNより引用

被害者を無くすためにも
本人のためでもあると思う

JNNより引用

この方は販売店や警察がしっかり対応出来た恵まれた人ですね。
事故が起きれば被害者はもちろん、周りの方も不幸になります。

こういう動きも抑止のためには必要だと思います。

JNNより引用

明日は我が身。誰もが認知症になる可能性がある。高齢でなくても若年性認知症とかもあるし、なんか他人事とは思えないなぁ。

JNNより引用

認知症の方への対応は想像ができないくらい大変だと思います。

家族だけでなく、町の人たちの協力があってこそですね。

スポンサーリンク