警視庁遺体取り違い理由は?火葬した夫が帰ってきて判明

なんとも心苦しい事実が判明しました。

2016年に葛飾区・江戸川で発見された男性の遺体を、警視庁が誤って別の家族に引き渡していたことが判明した様です。

遺体取り違い

出典:FNN

いったいなぜ、この様なことが起きてしまったのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要

遺体の発見はちょうど一年前でした・・・

2017年6月、東京・葛飾区の江戸川で男性の遺体が発見され、警視庁は、行方不明届が出ていた千葉・松戸市の40代男性の妻や親族に確認してもらい、遺体を引き渡した。

しかし、2018年5月になって、松戸市の妻から夫が自宅に帰ってきたと連絡があり、指紋を確認して、遺体は葛飾区の30代男性と判明した。

FNNより引用
亡くなったと思っていた夫が突然帰ってきたら、驚きますよね。
本当に本人なのか、状況が把握できずに混乱してしまいそうです。
生きていたのなら、帰ってくるまでの間、家族の誰とも連絡が取れなかったのでしょうか。
火葬までしたのにも関わらず、誰も気が付かなかったのも不思議ですね。

なぜ取り違えたのか?

出典:FNN

警視庁は当時の確認をこの様に述べています。

警視庁が妻や親族ら3人に遺体の容貌や背格好を確認してもらったところ、いずれも本人で間違いないと話したため引き渡した。

東京新聞より引用

川で発見されたのであれば、顔や体が膨らんでいたことでしょう。
たとえ家族であっても、「行方不明になった夫かもしれない」と思えば、勘違いが起きてしまうのも予想ができたのではないでしょうか。
警視庁は通常、家族による顔の確認で身元を特定できたと判断した場合、指紋やDNA型の照合はしていない
産経新聞より引用
家族が本人と判断し引き取れば、そこで行方不明届けも解決となる様です。
スポンサーリンク

遺体の本当の身元は?

遺体が引き取られた後も、遺体の本当の家族はずっと帰りを待ち続けていたのでしょうか。

千葉県警松戸署に行方不明届が出ていた40代男性と特徴が似ていたため、警視庁亀有署が妻ら親族3人に顔の確認を求め、3人は「間違いない」などと認めた。この直後、30代男性の家族が同署に行方不明届を提出した。

産経新聞より引用

先に行方不明届の出ていた家族に遺体を引き渡した後に、本当の家族からの行方不明届が出されたのですね。
遺体の男性の家族は、最期を看取ることも、遺骨を拾うこともできなかったのですね。
とても悲しいことですし、取り違えてしまった方もなんと悔やめばいいのか・・・
困ってしまいますね。

今後の対応は?

この件を受けて警視庁はコメントを出しています。

「本件を教訓に再発防止を図りたい」としている。

産経新聞より引用

遺族からしてみれば、ずっと帰りを待っていたのに、遺骨になって返ってくるとは思いもしませんよね。

心が痛む、信じられない様な事件ですが、二度と繰り返されないことを願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする