チョコレートが道路一面を覆う。タンクローリーが高速道路で横転

チョコ好きにはたまらない!?

目の前に広がるチョコレートの川。おもわず舐めたいと思ってしまうのは私だけだろうか?

       出典:BB NEWS

スポンサーリンク





5月9日、ポーランドのポズナン近郊の高速道路でチョコレートを積んだタンクローリーが横転。

12トンもの液状チョコレートが道路に流れ出し、両車線共に清掃のため通行止めとなった。地元消防団は「作業は何時間にも及ぶ。チョコレートは一度固まると雪よりもタチが悪い」と語った。

外気によって固まったチョコレートはお湯をかければ流れるものでは無い。分厚く固まった部分は厚い箇所で5センチにまで及んだ。シャベルを使い、高圧の温水洗浄機で取り除かれた。

チョコレートは固まるとかなり硬くシャベルを突き刺すのも容易ではない。更に湯をかけても一瞬で溶けるわけはなく、ジワジワと溶けていく。清掃は非常に難航したと思われる。

事故の原因は不明。タンクローリーの運転手は腕を骨折したが、命に別状はないという。他の負傷者もいなかった。

スポンサーリンク





チョコは固形で運ばない?

一般に市場では固形のチョコレートが出回っているため、液状のチョコレートは馴染みがない。

しかし、製造工程では最初は必ず液状だ。液状のまま運ぶ理由はチョコレートの品質維持の為ではないだろうか。

特に固形のチョコレートは熱に弱く溶けやすい為、温度変化に弱く結晶化しやすい。再結晶したものは舌触りが悪くなり、全くの別物となってしまう。

品質維持のために、タンクローリーの中で撹拌しながら運送しているのではないだろうか。

チョコ流出分の値段は?

チョコレートは低価格のもので1グラムあたり約1.4円である。この事故で流れ出た12トンを計算してみると約1千6百万円の価値があるチョコレートが流れ出たことになる。

日本人の1年間のチョコレート消費量は約2キロ。単純に計算すると、約6千人分の年間消費量が一気に失われたことになる。

ポーランドのチョコレート生産量は日本7位に次いで8位である。チョコレート製品が非常に多く、日本に負けず魅力的な製品ばかりだ。

               出典:ポーランドチョコ

このようなオレンジの形をしたユニークなものもあり、試してみたいものばかりである。

チョコは中毒!?

実はチョコレートにはテオブロミンという成分が入っており、ヒト以外の動物が摂取すると中毒をおこす。

代謝できないことが原因でトラブルを起こしてしまう。イヌやネコ、鳥類などが該当する。

今回の事故で、自然豊かな地に流れ出たチョコレートを動物達が口にしていないことを祈るばかりである。

スポンサーリンク





コメント

  1. I simply wanted to thank you very much once more. I’m not certain what I could possibly have done
    without the actual techniques contributed by you over such a concern. This has been an absolute troublesome setting in my view, but taking
    a look at a new skilled mode you resolved it took
    me to jump for fulfillment. Extremely happy for your assistance as
    well as believe you are aware of a great job that you’re doing educating many people all through your webblog.

    I am sure you haven’t got to know all of us. http://mjlwebdesign.co.uk/guestbook1/index.php/www.mjlwebdesign.co.uk/contactus.html/design.html%3Edaftar